えびぞうこころおぼえ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vespa & Lambretta Run 2016  

べスパ & ランブレッタ ラン

161125008.jpg

毎年この時期に行われるスクーターのイベント、ベスパ&ランブレッタランに2年ぶりの参加。

161125009.jpg

例年通り、朝10時に晴海客船ターミナルに集合

161125010.jpg

銀座、品川を通って天王洲でランチ

161125011.jpg

その後汐留のイタリア街で行われるクラシックカーミーティングに合流して終了となるショートラン。

161125012.jpg

今回は約50台の新旧ヴェスパ、ランブレッタが都内周辺から集まった。

161125014.jpg

今年は赤のLX氏と、私のGTVに乗る友人、そして私が69年のgtrで参加。

161125030.jpg

久しぶりに見る顔もあり、仲間との楽しい時間を過ごした。

161125015.jpg

161125017.jpg

161125016.jpg

最後に合流するコッパ ディ 東京 2016 - Historic Car Japanには
毎回抜群のコンディションに保たれたヒストリックカーが集まり、目を楽しませてくれる。

161125018.jpg

161125019.jpg

残念ながら曇り空の下での開催となったため、本来のイタリアンレッドの輝きを写真に収めることはできなかったが、
50〜60年も走り続けてきた車とは思えないほど、どれもピカピカに磨き上げられている。

161125020.jpg

161125021.jpg

置き場所や部品の手配、整備の手間などを考えると、二輪車とは比べものにならないほどの苦労があると思うが、
オーナーの顔はみんな子供のように明るく無邪気であった。

161125022.jpg

161125023.jpg

ただの機械といえばそれまでだが、時を超えて生き長らえたクルマやバイクは、どこか生き物のようで
人を優しい気持ちにさせる何かを備えているように思うのだ。

161125013.jpg

ということで、これが年内最後のイベント。
今年GTVはSSTRの大役を果たしたが、gtr はご隠居ゆえ、あまり多くの距離を走らせてやることはできなかった。
しかし特に故障もなく、いつもキック1発で目覚めてくれた。

来年も無理せずのんびりと、余生を送らせてやるとしよう(笑)
スポンサーサイト

成田のうなぎ   

TokyoVespa主催のプチツー

0715001.jpg

年に10回ほど開催されるVespa ディーラーのプチツー、
今回は一般道で行く「成田のうなぎ」という事で gtr をひっぱり出す。
7:00AMに墨田のショップ前集合、7:30出発。
梅雨の合間の晴天、気温は29℃。
GTS3台、T5、ET3、MP3、LML、Apriria、KYMCO、そしてgtr(私)の10台で
6号線を千葉に向かう。

0715002.jpg


時間が早いこともあり、特に大きな渋滞もなく10時頃には印旛沼に到着。
途中から合流の地元ライダー氏の先導でR464 宗吾街道をさらに進み、
目的のうなぎ店に到着。

い志ばし
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120401/12000178/

0715003.jpg


本日の目的地 下総松崎の「 い志ばし」に到着。
地元の人気店ということで、香ばしい煙に包まれる駐車場には
すでに10人ほどの行列ができていた。
待つ間に2,600円のうな重と肝焼きを一皿注文。
20分ほど経って店内に通されると程なく美味しそうな照りを纏ったうなぎがテーブルに置かれる。

04.jpg

早速一口。。香ばしくパリッとした歯ごたえの後に、ふっくらとした身の柔らかさが続き、幸せの境地へ。
私は普段あまり甘めのタレは好まないのだが、ここのタレは甘めながらうなぎとの相性がとても良く最後まで飽きることなく箸がすすむ。さすが人気店。
肝もやや甘めで香ばしく、ほんのりとした苦味と相まってとても美味。
2枚ほどのうなぎをぺろりと平らげてしまった。
以前はこれが2000円ほどで食べられたようだが、うなぎ高騰の今ではこれでも安く思える。

成田山新勝寺

06.jpg

満腹になったところでお次は成田山新勝寺に向かう。

07.jpg

参道をゆっくりと下り停める場所を探していると、総門近くの漬物店のご主人のご好意でお店の脇に12台のスクーターを停めさせていただくことができた。

08.jpg

参道は昔ながらの風情が残されていてとても癒される。

05.jpg

ブラブラと辺りを見物の後、総門をくぐってお参り。日曜日の割に人出が少ないように感じた。

13.jpg

その後少々時間に余裕があったので三里塚の航空記念館に向かう。

22.jpg

ここは飛行機好きの写真家たちがカメラを構える三里塚公園や航空機の展示施設などがあるが、三里塚といえば私の年代はあの長かった三里塚闘争を思い出す。
それはそうと、なぜか誰も建物の展示を見ようとせず、ロビーや建物の前でタバコに火をつけマッタリとしている。さすがにオトナのツー(笑)私も冷たい飲み物を手に至近距離を飛んでいく飛行機を目で追いながらマッタリとしていた。
そんなこんなで小一時間ほど休憩の後、現地解散の体で帰路に。

17.jpg

比較的短距離走行であるため、gtrでも十分走れるであろうと高をくくっていたが、意外にも帰りの渋滞でクラッチを握る指に負担がかかり、帰り着く頃には左の人差し指第一関節あたりにマメができていた(笑)
オールドスクーター×オールドライダーではどうやらこのあたりが限界ということなのかもしれない。

この日の走行距離210km
燃費:30.81km

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。