えびぞうこころおぼえ

トリッカーで栃木へ  

爆睡から目覚める

161118007.jpg

8月以来3ヶ月ぶりにエンジンをかけたトリッカー
実は先週恐る恐るセルを回してみたが なかなかかからず、
電気と燃料ルートをチェックした後、補助バッテリーをつなぎ、
長い長いクランキングののち、カブる寸前でやっと目を覚ますほど爆睡していたのだ^^;



おやまバルーンフェスタ

161114001.jpg

さすがに3ヶ月は放りすぎと反省、
優しく労わりつつ朝5時に出発、トリ1号さんと待ち合わせて一般道で小山総合公園へ。

161114003.jpg

7時のフライト時間少し前に小山総合公園に到着。
会場ではちょうど1番機が出発準備をしているところであった。

161114005.jpg

この日は大会2日目であったため、フライトは1度だけ。
エントリー機数は初日より少なかったのかもしれないが、12機のカラフルなバルーンが青空を飾り、
とても和やかな時間を楽しむことが出来た。

161114006.jpg

小1時間ほど見物をした後、今日こそは燃える紅葉をカメラに収めようと、レイクウッドリゾートへ。


レイクウッドリゾート

161114009.jpg

初めて行ったがドッグランやレストランがあって、小さな湖?には釣りを愉しむ人たちが沢山いた。

161114010.jpg

写真で見るここの紅葉はもう少し赤がしっかり出ていたような気がするが、ここの発色は今ひとつハッキリしない気がした。

この時点で10時半。
前回に比べ、時間的に余裕がある(笑)
同じ一般道であっても、さすがにカブとトリッカーでは移動時間が全く違うのだ♪



大芦渓谷の紅葉

161114011.jpg

次は本日メインの大芦渓谷。
すでに駐車スペースはクルマで埋まっていたが、バイクであればどこにでももぐり込める♪

161114014.jpg

早速徒歩で渓谷に向かう。

161114015.jpg

色づきも上々、青空をバックに木々が映える。

161114018.jpg

河原にはすでに何人かのカメラマンが三脚を立てて撮影の真っ最中であった。

161114016.jpg

トップライトながら、渓流を覆うような木々の黄葉が水面に反射して、まるで黄色い水が流れているように見えた。

161114020.jpg

今年はなかなかよい色づきに恵まれずにいたので、これだけの色づきが見られれば満足(笑)


五郎八

おなかが空いたのでどこかで蕎麦でも食べようと、しばらく走って五郎八というお蕎麦屋さんへ。

161114022.jpg

もう時間が2時を回っていたのでそろそろ閉まってしまうかと思ったが外にはまだ並んでいる人が。。
メニューを見ると松茸セットや松茸の天ぷらの字が!
絶対にこれが食べたい!と思っていたが、1時間ほど並んで席に着くと「売切れ」だという。
散々期待していたのに。。もっと早く言ってよ~!と、切ない気持ちに。。

161114024.jpg

しかし、上州名物のモツ煮と、このお店の真横で採れるこんにゃく芋のさしみはとても美味しかった。
蕎麦もちょうど新そばの時期とあって、非常に美味しかっただけに松茸の天ぷらが食べられなかった事が残念でならない。
我々の後に席についたお客さんも、皆さん同じく残念そうにしておられたので、
お店にはもっと早めに売り切れを伝えるようにして欲しかった。



思川温泉

161114025.jpg

そうこうしていると陽が傾き始めたので、昔行った事がある「思川温泉」へ。
ここは源泉2つと足湯、サウナ、露天、壷湯などがあり、そのどれもが適温。
ゆっくりと身体を癒してくれ、絶対におすすめ。
元「おやまゆうえんち」の跡地に立つが、以前に来た時にはなかった大きなショッピングモールが出来ていて驚いた。

大してお腹も減ってはいなかったが、カキフライ定食650円(安くてうまい!写真忘れた!)
を食べた後は例によって畳の休憩部屋で爆睡!

161114030.jpg

日中は上着が邪魔なほど暖かい一日であったため、湯冷めする事もなく2時間ほどで帰着。
愉しいツーリングとなった。

トリッカー・データ】
本日の走行距離: 301km
燃費: 32.4km/L
スポンサーサイト

トリッカーで房総へ  

気温32℃の千葉へ

160807006.jpg
前回、群馬の帰りに受けた事故のダメージから復活したトリッカー

鳥1号氏と夏の房総で「メロン半分を贅沢に使った得々セット」を食べようということになり、房総に向かう。

160807002.jpg

とみうら道の駅おおつの里
http://www.hana-kurabu.jp/

が。。メインで出ばなをくじかれる。
開店時間になっても店が開く様子がないので、スタッフらしき人に聞いてみると
8月~9月は収穫作業などが忙しいため、物販を休業するとのこと。

せっかく限定10食のメロンセットに間に合うように来たのだが。。仕方なくそのまま「道の駅保田小学校」へ

160807003.jpg

道の駅 保田小学校
http://www.michi-no-eki.jp/michinoeki/chiba/hotasyougakkou/

ここは元小学校をリノベーションした建物に地域活性化を目指した様々な施設や道の駅、宿泊施設などが組み込まれる。
建物の中は大変綺麗で清潔感があり、元小学校というロケーションが非常に上手く活かされている。

160807004.jpg

メロンを食べそびれた腹癒せにメロンパンをひとつ(笑)

160807005.jpg

ところがこのメロンパンが絶品で、いわゆるカリッサクッとしていない方のしっとタイプ。
生地のモチモチ感と中のクリームの甘さ、風味がとてもよくマッチしていて今まで食べたメロンパンの中でも
かなり上にランクされるものであった。

少し休憩を取ったところで大網白里農村ふれあいセンターというところにひまわり畑がある
という事で九十九里方面に向かう。

160807001.jpg

大網白里農村ふれあいセンターのひまわりはとても背が高い。 が、そろそろ終わり?
花も大きいので、何となく下を向いていて元気がない。

160807007.jpg

畑の真ん中にヤグラがあったので、そこに乗って見渡すとちょっとした「夏景色」。

160807008.jpg

しばらく写真を撮っていたがお腹が空いたので海の幸を求めて九十九里漁港へ。

160807009.jpg

海の駅九十九里

着いたところは「海の駅九十九里」
早速2階に上がってみると3件のお店が並び、好きなものを注文して真ん中のテーブルで食べる
フードコート形式。

160807020.jpg


1608007012.jpg
港食堂 茂丸「焼きハマグリ」\1,200

160807013.jpg
わたしの店「なめろう」\700

160807011.jpg
みっちゃんの魚や食堂「舟盛定食」\1,000

などを美味しくいただき、満腹に。
特に舟盛定食のボリュームは十分で、これで\1,000は本当に安い。
恐らく大人気なのだろう、多くのテーブルにこれが乗っていた。
満腹になったので、お茶を飲もうということになり、なぜかまたまた保田に戻る。

160807015.jpg

岬カフェ

http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12004072/

映画「ふしぎな岬の物語」の舞台になった明鐘岬にあるカフェ
沈む夕陽を眺めながらゆっくりお茶を。。と行きたいところだが、眩しい西陽を全身に浴びながら
アイスコーヒーをいただき、お店を後にする。

160807016.jpg

君津「湯の郷かずさ」

http://yunosato-kazusa.com/

例によって帰路に着く前に一風呂。 
君津の「湯の郷 かずさ」で汗を流してあさりを卵でとじた木更津丼でお腹を満たす。
この温泉は露天風呂がいくつかあり、28℃の源泉ぬる湯、32℃の炭風呂など、珍しいことにぬる湯が2つあってゆっくりできる。

その後、まだいくらか渋滞が残るアクアラインを通り、帰着。

走行距離は意外と伸びて425km
燃費は28.89km/L キャブの調整が上手くいっていないせいか、イマイチ。

2週続きで長野へ  

長野県更埴市「あんずの里」

24205274_2219095541_76large.jpg

あんずの花の時期はこの地域一帯が薄いピンク色に染まるそうで、前から一度行ってみたいと思っていた。
今回は花の時期ではなかったが、「実の時期」ということでバイク仲間と更埴市に向かう。

7:00AM 関越上里PA

002.jpg

当初6名が参加予定であったが雨予報が出ていたため2名がキャンセル。
シェルパ、SL、そして私を含むトリッカー2台の計4台。のんびりしたペースで一路長野を目指す。

020.jpg

出発から約2時間。「曇り一時雨」の予報通り、更埴インターを降りるあたりからパラッと降ったものの、すぐに上がり、気温も34度まで上昇。今回も梅雨の合間の晴天。

杏里庵
http://www.kyourian.com/content1.html

103.jpg

時期としてはそろそろ終わりということもあってか、大粒~小粒の2、3種類が実をつけていた程度。
杏狩りは初めての経験であったが、種類によって堅さや実の甘さに差があり、生食向きで実が柔らかいもの~加工向き?で酸味の強いもの、独特のえぐみのあるものなどさまざま。

あんずといえば砂糖漬けやドライフルーツのようなものしかイメージできなかったが、この経験で「味の薄い小さい桃」というイメージに上書きされた。

グーギーズカフェ千曲店
http://www.googies-cafe.jp/

552.jpg

1Kgほどのあんずをおみやげに、中途半端に膨れたお腹を手でさすりながら昼食をとろうと、ここで合流の2台と共にグーギーズカフェ千曲店に向かう。
所謂カナディアンハウスのカフェで、アメリカンなメニュー。
私は焼きチーズカレーを注文したが、これが中々旨かった。
ボリュームのある細切れ肉がチーズの食感ととてもよく合っていて、量的にもう少し食べたかったほど。

そういえば昔仕事で長野に来ていた頃にこの手のカナディアンハウスの飲食店をよく目にしたものだが、関東ではあまり見かけず何だかとても懐かしい気がした。

アトリエ・ド・フロマージュ本店
http://www.a-fromage.co.jp/

106.jpg

そして満腹になった後は、デザート(笑)
というわけでそのまま東御にあるアトリエ・ド・フロマージュ本店へ。
チーズで有名なお店で、名前は知っていたが訪問するのは初めて。

フォンテンヌブローを含む3種のレアチーズケーキセットを注文しようと思ったが、
両側のメンバーが同じものを注文したので、それは味見をさせてもらう事にして3種のベイクドチーズケーキを注文。

105.jpg

非常に濃厚なチーズの味と3種3様の個性的な食感、甘み、酸味が味わえ、とても楽しめた。

という事で、この日はここで解散となり、もう1人のトリッカー氏と近くの温泉に立ち寄る事にした。

あぐりの湯こもろ
http://www.komoron.com/?page_id=2724

108.jpg

ゆったりと大き目の温泉施設で特に浅間山を望みながら入る露天風呂はとても得した気分が味わえる。
町営なので値段も安く500円で、15時頃に行ったがとても空いていた。
ここで1時間ほど温泉に浸かり、帰路に。

107.jpg

しかしここから十石峠、R299方面に抜ける山道に営業中のスタンドが1軒もない!
満タンでたった6Lしか入らないトリッカーなのに、この日は予備タンクを持たずに来てしまった。
途中でリザーブタンクに切替えて、ガス欠の恐怖に怯えながら下りは全てエンジンを切ってのエコ運転(笑)

何とか無事に秩父に到着し給油してみると、エコ運転のせいかなんとまだ1L近く残っていた(笑)





そして翌週の事。。

101.jpg

2週連続で長野へ

1週間後の日曜日。
今度は佐久のスイーツ「ピータース」行きに飛び入り参加。
バイクは先週に続き若干OIL漏れが気になるトリッカー。
応急処置でOIL漏れのへタレガスケットの辺りに石鹸をこすり付けて出発。

朝7:00に道の駅あしがくぼに集合。
XJR、トライアンフ、XR、シェルパ、そして例によってトリッカー2台の6台で佐久を目指す。

109.jpg

途中、道の駅上野で小休止をとって佐久のピータースに到着。
名前はよく聞くが初めての訪問。
店内のショーケースにはずらりと自家製ケーキが並ぶ。

ピータース
http://www.peter-s.jp/

102.jpg

今回のお目当ては桃のジューシータルト。が、これだけでは終わらず、皆、もう1つずつ注文しているので、私も流れでもう1つイチゴのフェアリーを注文してしまった(笑) しかし糖分の摂りすぎが気になる。。

但馬家幸之助ちの店
http://www.tajimaya81.net/

113.jpg

が、このメンバーは胃袋が強い。
ケーキを2つ、お腹に放り込むと今度は焼肉ランチを目指して茅野に。
ケーキは朝食だったのか。。

0101.jpg

私はロース、カルビ盛合わせBランチ1112円を注文。
さほど量は多くないが自家製牧場を持つだけあり、肉は厚く柔らかい。
もちろんペロリと平らげるとお次は「野菜を買おう」という事になり、5~6Km先のたてしな自由農園808へ。

Kitchen&Table 808
http://www.tateshinafree.co.jp/808

15.jpg

当然のことながら食後のデザートという事になってチーズケーキアントルメ 350円。
これが最高に旨い。 ホールで買って帰りたかったが暑い中をトップケースの中で暴れさせては台無しになりそうなので泣く泣く諦めた。

0016.jpg

ここで解散。
ポッコリ膨らんだお腹をさすりながら帰路に。
時間が早いので例によってここからはまた一般道(R299)で帰ることにした。

。。が、十石峠を越え、上野村あたりに差しかかったところでトラブル発生。

センターラインのない細い山道を下から上ってきた軽トラが、何故か追い上げられたオートバイ2台を左からパスさせようと、私が下っていた車線を割って目の前に現れた。

たまたまカーブミラーで軽トラが上がってきている事は確認できていたが、軌道がおかしいと思いブレーキをかけて停車したところに私の右前からAピラーがハンドルガードをヒット。

押し戻される形で左側を下に転倒してしまった。

幸い、ZETAのハンドルガードにより右手は守られたが肘と右脚をやられ、トリッカーもフロント周りがビミョーに曲がっている。

すぐに警察を呼ぼうとしたがケータイの電波が取れない。
仕方なく相手の軽トラと一緒に電波が取れる場所まで7~8km山道を下る。
やっと電話がつながり、事故処理が済んだ頃には辺りはもうすっかり陽が暮れて真っ暗な山道を頼りないライトを頼りにトボトボ下る羽目に。

結局家に辿り着いた時には日付変更線を超えてしまっていた。

というワケで、2週連続の長野は幸い天候にも恵まれ、食べ物も全て美味しかったが何故か後味の悪いツーリングとなってしまった。

▲Page top