えびぞうこころおぼえ

成田のうなぎ   

TokyoVespa主催のプチツー

0715001.jpg

年に10回ほど開催されるVespa ディーラーのプチツー、
今回は一般道で行く「成田のうなぎ」という事で gtr をひっぱり出す。
7:00AMに墨田のショップ前集合、7:30出発。
梅雨の合間の晴天、気温は29℃。
GTS3台、T5、ET3、MP3、LML、Apriria、KYMCO、そしてgtr(私)の10台で
6号線を千葉に向かう。

0715002.jpg


時間が早いこともあり、特に大きな渋滞もなく10時頃には印旛沼に到着。
途中から合流の地元ライダー氏の先導でR464 宗吾街道をさらに進み、
目的のうなぎ店に到着。

い志ばし
http://tabelog.com/chiba/A1204/A120401/12000178/

0715003.jpg


本日の目的地 下総松崎の「 い志ばし」に到着。
地元の人気店ということで、香ばしい煙に包まれる駐車場には
すでに10人ほどの行列ができていた。
待つ間に2,600円のうな重と肝焼きを一皿注文。
20分ほど経って店内に通されると程なく美味しそうな照りを纏ったうなぎがテーブルに置かれる。

04.jpg

早速一口。。香ばしくパリッとした歯ごたえの後に、ふっくらとした身の柔らかさが続き、幸せの境地へ。
私は普段あまり甘めのタレは好まないのだが、ここのタレは甘めながらうなぎとの相性がとても良く最後まで飽きることなく箸がすすむ。さすが人気店。
肝もやや甘めで香ばしく、ほんのりとした苦味と相まってとても美味。
2枚ほどのうなぎをぺろりと平らげてしまった。
以前はこれが2000円ほどで食べられたようだが、うなぎ高騰の今ではこれでも安く思える。

成田山新勝寺

06.jpg

満腹になったところでお次は成田山新勝寺に向かう。

07.jpg

参道をゆっくりと下り停める場所を探していると、総門近くの漬物店のご主人のご好意でお店の脇に12台のスクーターを停めさせていただくことができた。

08.jpg

参道は昔ながらの風情が残されていてとても癒される。

05.jpg

ブラブラと辺りを見物の後、総門をくぐってお参り。日曜日の割に人出が少ないように感じた。

13.jpg

その後少々時間に余裕があったので三里塚の航空記念館に向かう。

22.jpg

ここは飛行機好きの写真家たちがカメラを構える三里塚公園や航空機の展示施設などがあるが、三里塚といえば私の年代はあの長かった三里塚闘争を思い出す。
それはそうと、なぜか誰も建物の展示を見ようとせず、ロビーや建物の前でタバコに火をつけマッタリとしている。さすがにオトナのツー(笑)私も冷たい飲み物を手に至近距離を飛んでいく飛行機を目で追いながらマッタリとしていた。
そんなこんなで小一時間ほど休憩の後、現地解散の体で帰路に。

17.jpg

比較的短距離走行であるため、gtrでも十分走れるであろうと高をくくっていたが、意外にも帰りの渋滞でクラッチを握る指に負担がかかり、帰り着く頃には左の人差し指第一関節あたりにマメができていた(笑)
オールドスクーター×オールドライダーではどうやらこのあたりが限界ということなのかもしれない。

この日の走行距離210km
燃費:30.81km
スポンサーサイト

カブ90のこと ①  

通勤用に乗っているカブ90。



これまではシングルシートにホンダ純正の大型ケースを積み、これはこれで重宝していたが、いざという時にタンデムができないことと、この箱に入らないような大きな荷物を積むスペースを確保したいということもあり、少しばかり仕様変更を行う。
トップケースはとりあえず現在のものを横向きで乗せ、タンデム用にはダブルシートかピリオンシートを付けようと考えた。

WILS WIN のリヤキャリア。

1606002.jpg

トップケース装着にあたり東京堂の店頭でダブルシート用リヤキャリアを見つけ、初めはこれにしようかと考えたが、耐荷重が3キロ前後であるため自重のあるBOXに荷物を入れて繰り返し走ってしまうとステーが折れる場合があるという。デザイン的にはチャーミングだが、実用面に不安を抱えるのはどうかと思い、再びネットで検索。ウイルズウインというメーカーのものが目に留まる。
色気は全くないものの、なかなか丈夫そうに見えたため、こちらを注文。

アウトスタンディングモータースのシート。

IMG_3265.jpg


そしてお次はシート。ネットを調べると、社外品はほとんどなく、ヒットするのはアウトスタンディングモータースの製品ばかり。
選びようがないのであれば仕方ない。
しかし黒いピリオンシートではいかにも仕事一辺倒になりそうだったので、奮発して茶色のシートをシングルシートもセットで注文。
トップケースがあまりに長く飛び出てしまうのがイヤだったので、できるだけピリオンシートを前寄りにと、悩みながらも何とか装着。

とりあえず装着したトップケースが大きく存在感がありすぎるのと、ピカピカのシートがどことなく不釣合いだが、ひとまず試運転。
さすがにタンデム仕様にすると窮屈だったポジションが改善され、運転姿勢にも余裕が出る。
しかしシングルシートの出来がどうにもイマイチ。
純正品と比べるのは気の毒だが、座面サイドのエッジが立ちすぎているのと、どうもスポンジが堅すぎる。しばらく乗り込んで馴染んでくれば気にならないのかもしれないが、このままでは5Kmも走るとお尻が痺れてきそうな雰囲気。。
しばらく通勤に使いながら様子を見る事にする。

▲Page top