えびぞうこころおぼえ

カブ90のこと ③  

通勤用のカブ90

160830005.jpg
通勤鈍足として活躍中のカブ90

最近カブプロがその努めを代行する機会が増えて、ちょっと仕事が減り気味。
下駄代わりのチョイ乗りシーンが増えてきたので少しイメチェンを図りたくなった。

実は自分なりにカブに対するあるイメージを持っていて。。
もちろんホンダマシンと化したバリバリカブも中々かっこいいとは思うのだが、
もうそろそろそのようなお歳でもなく。
なんというか、ちょっとノスタルジックでチャーミングな。。

つまり、前カゴ。
どうしても前にカゴを付けたいと思っていた。
しかもよくある鉄のフレーム丸出しのカゴではなくて、どちらかというとちょっと女子っぽい藤のバスケット(笑)
けれど通勤に使っていたため雨具や冬場の着膨れウエアの収納に前カゴだけでは役に立たず、仕方なくスチールBOXを積んでいた。

。。で、問題のカゴ。
本当は天然素材が良いのだが、実用面を考えるとちょっと。
ということでできるだけイメージに合うものを探していたのだが
どのショッピングサイトを見ても全てSOLD OUT。
ところが最近になって前から気になっていたバスケット風のものが再販されたらしく、
カートに飛べるようになっていたので反射的にポチる。

M&F Cuby 藤風前かご角型キャリアセット
http://cuby.ocnk.net/product/1059

早速梱包を解いて取り付けることに。
160830004.jpg
純正キャリアを外して。。

160830003.jpg
セットされている大型キャリアを取り付ける

これはバラでも売っているが、なかなか使えそうな大きさでキャンプなどにもよさそう。
バスケットのためだけにしてはしっかりしすぎなほどだ。

160830002.jpg
そして可愛いバスケットを取付ける♪

いい!私のイメージ通りの可愛らしいカブだ。
。。が、この状態では前半分は女子力up、後はおやぢ力満載なので、
リアキャリア諸共重たいスチールBOXを取り払う(今後使う予定があるので大事に取っておく)。

160830001.jpg
かくしてイメージ通り、「チョイ乗り仕様」のカブが出来上がった♪

まぁ、これに老いぼれが乗ってサマになるかどうかはさておき、
しばらくこの仕様で行くことにしよう♪

160830007.jpg
スポンサーサイト

Vespa GTV のこと  

久しぶりの洗車

160829005.jpg
小雨混じりの夏の午後にのんびり洗車

サビ防止の観点から、普段あまり洗車はしないようにしているが、さすがに前日に降られた雨で汚れた車体や足回りを拭くだけで済ませるには無理があったので久しぶりに洗車、ついでに各部の点検を。

160829006c.jpg
ドリンクホルダーを付け直し

最近老眼が進み、細かい作業がしんどくなったこともあって、全ての作業が雑になっている。
たかだかドリンクホルダーひとつ、まともに付けられていないため、ペットボトルを入れるたびにユルユルと動いている。
そこで一からやり直し(笑)
時間がかかるのは歳なので仕方がない。とにかく他に傷をつけないように丁寧に丁寧に。。取付ける。

160829007a.jpg
そういえば最近ある目的があって、ここにフロントキャリアを取り付けようかと迷っている。

160829008b.jpg
小傷や汚れのひどいところはコンパウンドを使って処理。

160829009.jpg
スジ傷はスマートペンで補修。

160829010.jpg

16082910c.jpg
。。と、まぁ、そこそこ目立たなくなる。

1608011.jpg
GTVは金属面やメッキ面が割と多いので磨き甲斐がある。

160829013.jpg
それでもサビが浮いてしまったところは昔ながらのピカールで。。と、ほぼ自己満(笑)

160829014c.jpg
アルミ部分も専用ケミカルで汚れ落とし。

と、まぁ、長年バイクに乗っているといろいろなケミカルが溜まってくる(笑)

160829017a.jpg
潤滑剤も忘れずに。。

160829018c.jpg
縁の下の力持ち、スタンドにも忘れずにワックスを。

160829020b.jpg
塗料が落ちてきたところにはタッチアップも忘れずに。

1608028.jpg
最後にお手軽コーティング。昔のワックスがけと違って本当に作業が楽になった。

160829022.jpg
マットを敷いてやっているのに硬い地面で寝る老犬(笑)

。。というわけで台風の近づく夏の午後はゆるゆると過ぎてゆく。

石和温泉の花火  

石和温泉花火大会

160823002.jpg
ここのところ一度どこかに行くと続けて同じ場所に出かける傾向が強い気がするのだが、またまた山梨。

東京に台風が接近する中、笛吹市夏祭りの石和温泉花火大会に行ってきた。

160823006.jpg
雨が心配だったのでクルマで行こうかと思ったが、山梨方面は昼間が晴れ予報であったためGTVで出かけた。

おかげで駐輪場所にも困ることなく、撮影場所もまずまずの位置。

160823004.jpg
笛吹川に花火が映り込み、一発ごとに川面も色替り。

160823003.jpg
途中、パラパラと雨が落ちてきて少々心配になったが、無事に最後まで楽しめた。

160823001.jpg
会場は良い場所はほとんど有料席のため、近くでは観られないものの、少し離れた場所では比較的ゆったりと観ることができた。

帰りの渋滞もさほどひどいものではなく、東京からちょっと観に行くには距離的にも丁度よい花火だ。

桃と花火  

桃のパスタ

160818008.jpg

山梨ぺスカ内藤農園 「グリーンテーブルカフェ」
http://www.yamanashipesca.com/cafe/
カブプロの試運転を兼ねて写真好きさんと桃と花火のプチツーを予定していたが台風の影響で天候が不安定。
目的地の山梨はほぼ1日晴れの予報なので向かう天気は問題ないが、行きと帰りに土砂降りの中をカブで走ることになりそうだったので、諦めてクルマで出発。 以前、バイク仲間のつぶやきで知った「グリーンテーブルカフェ」に向かう。
いわゆる農家の直営カフェで、この時期の売りは「桃」。 ランチも桃ずくしだ。

160814009.jpg
桃のサラダとグレープジュース

16081400102.jpg
桃のピザ

16081400101.jpg
桃と生ハムの冷製パスタ

という具合にすっかり桃で満腹に。。
桃の甘さとパスタやピザの塩気、ペッパーの刺激がとてもよくマッチしていて美味しくいただけた。
少し休んでから次の目的地、塩山の「名水わらび餅 はまやらわ」に向かう。

山の湯宿はまやらわ
http://www.hamayarawa.jp/plan.html

16081400109.jpg
湯宿のもてなしとして振舞われていたお茶菓子がはじまりという茶店で、ここで手作りされたわらび餅とお茶がいただける。

16081400105.jpg
深く茂った林の中にある湯宿と茶店。裏の木陰で木の椅子に腰掛けて味わうわらび餅は格別。

白糖、黒糖、よもぎの3種があり、 なかなかにコシがありつつプルプルとした食感、やさしい甘さで忘れられない味となる。

16081400104.jpg
ここのお湯も味わって行きたいところであったが、本日2つめのお題「花火の場所取り」があるので、そうゆっくりもしていられず
そそくさと韮崎に向かう。

打ち上げ場所の釜無川に到着したのは15:30。
見るとそろそろ河川敷に場所取りのシートが置かれてあり、私たちも屋台が並ぶ裏側の土手に場所を取る。
打ち上げ開始は20:00の予定なので近くの温泉に浸かりながら時間を待つことにした。

武田乃郷 白山温泉
http://www.hakusanonsen.com/
さすがに山梨盆地の午後の陽は厳しく、臨時駐車場から約1.5kmの徒歩での往復でボーっとしてしまい、うっかり写真を1枚も撮っていなかったが、源泉掛け流しの露天風呂から釜無川とその向こうに広がる韮崎の街と八ヶ岳の眺めが気持ちよく、小さいながらもくつろげる温泉だった。
すっかり汗を流し、18:00頃に温泉を出ると、もうあの照りつけるような陽射しはなく、時折、川からの涼しい風が吹いてくるような夏の夕となっていた。
カメラと三脚をクルマから拾い上げ、また1.5km を河原を目指して歩き、確保しておいた場所にカメラをセットする。

武田の里 にらさき花火大会

16081400106.jpg

16081400107.jpg

16081400108.jpg
1時間に6,000発と決して玉数は多くないが、とても丁寧に上げられる花火なので急いた感がなく、また、東京のような混雑もないため、ゆっくり楽しめる花火だった。

21:00で終了の後、さして大きな渋滞もなく、山梨を出てから途中所々で雨には降られたものの、車であったため、無事帰着。
残念ながらカブプロの試運転はできなかったが夏の1日をゆっくりと楽しんだ。

カブプロのこと ③  

カブプロの仕上げも最終段階

週末の土、日、空き時間でリア周りのリフレッシュにとりかかる。
160815007.jpg
さほど暑くなかったので、外の日陰スペースで作業することにし、先ずはタイヤを外してブレーキ周りをバラす。

160815008.jpg
スラッジで真っ赤になったケースをクリーナー1本を丸々使う勢いでクリーニング、各部をグリスアップ。

160815009.jpg
アジャスターが限界になってツルツルだったシューを新品と交換。

チェーンも汚れてはいるが特にひどい錆や伸びは見られず、ドリブンスプロケットもまだ使えそうだったので今回はクリーニングして様子を見ることにする。

160815010.jpg
ドライブ側は錆が出ていたのと、走りをマイルドにしたかったので15Tの新品に交換。

160815011.jpg
ただ、これを外す時に驚くほど軽い力でボルトが回ってしまったので、恐らく前オーナーが何かで緩めた時にしっかり締めていなかったものと思われる。

。。が、ここを締めるのは私も苦手。 軽く締めておいて最後にチェーンを張った状態でリアタイヤを押さえて締める。

160814.jpg
それからもう一つ、ハブダンパーが減っていてシフトのたびにショックが出ていたので、新品に交換。

古い方はスカスカに減っていてタイヤを外した途端に転がり落ちてきたほど。

ここでタイヤの状態を改めてチェック。
入手時に履かせてあったスノータイヤはサイドの山が大きかったため何となくまだイケると思っていたが、見れば真中はそろそろスリップサインが出ている。

160815013.jpg
どうせ外したので取り替えておこうと思い、東京堂に電話するとD107があるとのこと、時間がなかったので大急ぎでそのまま持ち込んだついでに交換もお願いしてしまい、土曜日はここで時間切れ。

Vespa Club Tokyo ナイトラン

この後はVespa Club Tokyo のナイトランに参加。
160815001.jpg
19:00に代々木公園前に集合

gtrで行こうかと思ったが、ライトが暗い上、ウインカーもついておらずナイトランには向かないのでGTVで参加。
しかし集まった26台中、オートマは僅か数台(汗 60年代のVespaが大集合となった。

160815002.jpg
この日はちょうどイタリアのべスパクラブのメンバーがバカンスで東京を訪れており、集合場所に見送りに来ていた。

160815003.jpg

160824001.jpg
毎年お盆の夜に皆で集まって都内をラン

160815004.jpg
代々木~渋谷~赤坂などをゆっくりしたペースで1時間ほど流し、神宮外苑いちょう並木がゴール

160815006.jpg
比較的気温も低めで走っていると風が心地よく感じた

メンバーとはまた10月のべスパブランチでの再会ということでこの日は解散。

翌日はカブプロの続きの作業

160817007.jpg
プコブルーのバッテリーカバーが欠品中なのでとりあえずレッグガードに近い半ツヤの白で塗装

160817003.jpg
また、ガソリン焼けのひどいチェーンケースを再塗装しつつ、ブレーキ、タイヤを元通りに組み付け、クリーニングとグリスアップ、調整。

160817001.jpg
これでリア周りはひと段落。

160817005.jpg
最後に気になっていたクラッチを調整して。。と思ったがロックナットが緩まない。

左に回すととクラッチが全く切れなくなってしまったので、今度は右に回すとそのままスクリューも回り、半周ほど回ったところで丁度いい感じに。
近所を一回りしてみたがこれまでのような出だしの大きなショックもなく2速、3速とも非常に気持ちよくシフトできている。
ロックナットの事は気になるが、結果オーライという事でしばらくこれで様子を見ることにした。

160817002.jpg
フロントのフォークとブレーキのOHは気になるところだが、これはもう少し涼しくなったらやる事にして普段使いに必要な時計やシガーソケット、スマホホルダーなどを取り付け、ミラーをオフロードタイプに交換して終了。

本日は他にもやることがあるため、試運転はまた後日。

トリッカーで房総へ  

気温32℃の千葉へ

160807006.jpg
前回、群馬の帰りに受けた事故のダメージから復活したトリッカー

鳥1号氏と夏の房総で「メロン半分を贅沢に使った得々セット」を食べようということになり、房総に向かう。

160807002.jpg

とみうら道の駅おおつの里
http://www.hana-kurabu.jp/

が。。メインで出ばなをくじかれる。
開店時間になっても店が開く様子がないので、スタッフらしき人に聞いてみると
8月~9月は収穫作業などが忙しいため、物販を休業するとのこと。

せっかく限定10食のメロンセットに間に合うように来たのだが。。仕方なくそのまま「道の駅保田小学校」へ

160807003.jpg

道の駅 保田小学校
http://www.michi-no-eki.jp/michinoeki/chiba/hotasyougakkou/

ここは元小学校をリノベーションした建物に地域活性化を目指した様々な施設や道の駅、宿泊施設などが組み込まれる。
建物の中は大変綺麗で清潔感があり、元小学校というロケーションが非常に上手く活かされている。

160807004.jpg

メロンを食べそびれた腹癒せにメロンパンをひとつ(笑)

160807005.jpg

ところがこのメロンパンが絶品で、いわゆるカリッサクッとしていない方のしっとタイプ。
生地のモチモチ感と中のクリームの甘さ、風味がとてもよくマッチしていて今まで食べたメロンパンの中でも
かなり上にランクされるものであった。

少し休憩を取ったところで大網白里農村ふれあいセンターというところにひまわり畑がある
という事で九十九里方面に向かう。

160807001.jpg

大網白里農村ふれあいセンターのひまわりはとても背が高い。 が、そろそろ終わり?
花も大きいので、何となく下を向いていて元気がない。

160807007.jpg

畑の真ん中にヤグラがあったので、そこに乗って見渡すとちょっとした「夏景色」。

160807008.jpg

しばらく写真を撮っていたがお腹が空いたので海の幸を求めて九十九里漁港へ。

160807009.jpg

海の駅九十九里

着いたところは「海の駅九十九里」
早速2階に上がってみると3件のお店が並び、好きなものを注文して真ん中のテーブルで食べる
フードコート形式。

160807020.jpg


1608007012.jpg
港食堂 茂丸「焼きハマグリ」\1,200

160807013.jpg
わたしの店「なめろう」\700

160807011.jpg
みっちゃんの魚や食堂「舟盛定食」\1,000

などを美味しくいただき、満腹に。
特に舟盛定食のボリュームは十分で、これで\1,000は本当に安い。
恐らく大人気なのだろう、多くのテーブルにこれが乗っていた。
満腹になったので、お茶を飲もうということになり、なぜかまたまた保田に戻る。

160807015.jpg

岬カフェ

http://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12004072/

映画「ふしぎな岬の物語」の舞台になった明鐘岬にあるカフェ
沈む夕陽を眺めながらゆっくりお茶を。。と行きたいところだが、眩しい西陽を全身に浴びながら
アイスコーヒーをいただき、お店を後にする。

160807016.jpg

君津「湯の郷かずさ」

http://yunosato-kazusa.com/

例によって帰路に着く前に一風呂。 
君津の「湯の郷 かずさ」で汗を流してあさりを卵でとじた木更津丼でお腹を満たす。
この温泉は露天風呂がいくつかあり、28℃の源泉ぬる湯、32℃の炭風呂など、珍しいことにぬる湯が2つあってゆっくりできる。

その後、まだいくらか渋滞が残るアクアラインを通り、帰着。

走行距離は意外と伸びて425km
燃費は28.89km/L キャブの調整が上手くいっていないせいか、イマイチ。

カブプロのこと ②   

気になっていたフロント周りをリフレッシュ

160731001.jpg
くたびれた感じのフロント周り

しばらく手をつけないと半年や一年放置してしまいそうだったので、時間を見ながら作業を進めることにした。
いくらか涼しい夜であったが、深夜に屋外での作業は怪しいし蚊に刺されるのもイヤなので、
例によってバイクを部屋に持込みシートを敷いてエアコンを効かせての作業。
狭い部屋にバイクを持ち込むとほとんど身動きがとれないが作業的には明るく涼しいのでここが一番(笑)

160802002b.jpg
とりあえずこれをなんとかしたい

ということでフロントキャリア一式を取り外す。

160802004.jpg
片方ずつ抜いてチェック

特に動きにも問題はなく、曲がりやオイル漏れもなさそうなのでOHは涼しくなってからやることに。


フロントフェンダーは交換

特に不具合はなかったがすぐに再塗装することができなかったため、とりあえずのものをヤフオクで格安入手。
元々付いていたものはのんびり再塗装の予定。


なぜか部分的に欠けたライトケース

これもヤフオクで見つけたものに交換。
とにかく色々なところが少しずつヤレているので交換ヶ所が多い。。

160802007.jpg
レンズにも傷がついていたので

お遊びでこんなところもクリアタイプに交換してみたり。

フロント以外も気になっていたので

1608008.jpg
前が片付いたら後ろもストリップ

160802009.jpg
セットで注文していたパネルを装着

カラーは涼しげな「プコブルー」をチョイス♪

そうそう、忘れてた

160805007.jpg
動かなかったスピードメーターケーブルも新品に交換

先が折れてしまって穴が空いているだけのケーブル。 これでは動くものも動かない(笑)

何となく完成。。

160805004.jpg
カブに積んでいたリアBOXを載せて、ようやく形になったカブプロ

これで一先ず走れるようにはなったが、まだまだ気になるところが沢山あるので、これから先は日々走りながら手を加えつつ自分のものにして行こうかと。

▲Page top