FC2ブログ

えびぞうこころおぼえ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例の花火見物  

葛飾花火大会

IMG_3367.jpg

毎年恒例の葛飾花火大会はあいにくの曇り空。
時折弱い雨がパラパラと落ちてくる。

いつものことながら6号線は車で溢れ返り、先頭が見えないほどの列にどのドライバーも苛立ちの表情を隠せない。
通勤ライダーの走行マナーも悪く、渋滞中の車の間スレスレのところを猛スピードでかすめて行こうとするため、うっかり後方確認を怠ってハンドルを切ってしまえばほぼ間違いなく衝突されてしまう。

IMG_3357.jpg

細かくミラーに目をやりながら前方の車のブレーキランプに反応し、加速の悪いカブでゴーストップを繰り返すのは極めて神経を使う。
食料、飲み物、シート、カッパ、三脚、カメラと積めるだけのものを積んで、ようやく柴又の帝釈天に到着するが今年は駐禁のガードが固く、適当に置いておく事ができそうにない。
かといってこの辺りには整備された駐輪場もなく、苦労しながら何とかジャマにならなそうな駐車場の窪みにそっと置かせてもらう。

IMG_3365.jpg

帝釈天の参道は人で溢れ返りなかなか前に進めない。
それでも、軒を連ねる食べ物屋をのぞきながら何とか花火会場付近にたどり着き、時計を見ると花火の打ち上げ時間まで約1時間。
IMG_3371.jpg

打ち上げ会場前はすでにほとんどが場所取りのシートで覆われている。
仕方なく川下に向かって場所を探すと河岸寄りに少し空きスペースがあったので、とりあえずシートを広げ、同行の写真好きさんが用意してくれたオクラ蕎麦(ゴチソウさまでした!)をいただきながら打ち上げを待つ。

時折パラパラと雨が落ちてくるが、それでも予定通り19:20に打ち上げ開始。

P7260418.jpg

P7260436.jpg

すし詰めの会場で贅沢は言えないが、傘をさしての見物人もいるため、地上を入れようとすると下半分が傘で隠されてしまう。
雨でレンズも濡れてしまい、写真はどうにも上手く撮れなかったが、今年は50回記念という事で例年より10分延長。
夏の夜空に上がる火花の舞を愉しんだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。