FC2ブログ

えびぞうこころおぼえ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第20回 カフェカブミーティング in 青山 2016  

カフェカブミーティング in 青山 に初参加

161024016.jpg

以前から開催自体は知っていたが、もう20回を数えるほどの歴史があったとは。
自宅からバイクで15分も走れば行ける距離なのに、これまで一度も見に行った事がなかった。

161024002.jpg

私も今はカブオーナーのハシクレでもあるので、一度は勉強のために参加してみようということで、あえて90ではなく、エントリー数の少なそうなカブプロに、届いたばかりのショートスクリーンを装着して参加してみた。

161024003.jpg

この日、土曜日の参加は約300台で、翌日の日曜もやはり300台ほどがエントリーしているとか。
何でも会場に入りきれる数を限度としているようだが、さすがは世界のスーパーカブ、オーナー数も半端ではない。

161024014.jpg

朝8時から3組での受付となり、私は一番最後の10時からの受付組みであったため、正面スペースには空きがなく、プロは裏手の駐車場側、屋根の下に置かれる事になる。

161024013.jpg

恐らく、長い歴史の中で徐々に出来上がってきたスタイルなのだと思うが、到着と同時にレッドカーペットの上をカブと共に裏手のスペースまで歩き、その先のスペースで1台毎に写真撮影。
これまでいくつかのミーティングに参加したが、こんなに手厚い待遇を受けたのは初めて。
主催者の方々、そして世界のホンダに感謝。 カブオーナーとしてこの歓迎スタイルは大変嬉しいものだ。

161024005.jpg

ところで会場となる青山のホンダウエルカムプラザはまさに「カブの海」といった状況で、地面が見えないほどのカブに埋め尽くされていた。

161024006.jpg

カブプロは約300台中私を含めておそらく5~6台の参加。
1台1台を見てゆくと皆さんのカブに対する「想い」がひしひしと伝わってくるもので、本当に1台として同じものがない、という印象。
私はどちらかというとオリジナルから大きく離れてしまうモディファイは好みでないが、参加車の中には今後取り入れてみたいアイデアがいくつもあり、ボンヤリしていたカブに対するイメージが段々明確になってゆくような気がした。

161024007.jpg

また、クロスカブとハンターカブ系の人気の高さにも気付かされる。
元々、不整地走行も得意とするカブ系であるため、こうしたバリエーションが生まれる事はごく自然の成り行きだったのかもしれない。

161024008.jpg

もちろん大型車であればこのようなモデル展開がなされることも珍しくないが、このサイズのバイクがこうした派生を生むというケースは考えてみれば大変珍しい事のように思う。

161024009.jpg

元々、この車両の開発ロジックがシンプルで優れていたということであろうが、この派生モデルがなんとも愛らしく、独特の雰囲気を持った魅力的なものであったことがこれらの人気に繋がっている事には違いない。
私の元にも再デビューを待つポンコツCT110があるが、今後の仕上げの参考にしたい車両を沢山見る事ができてよかったと思う。

161024010.jpg

フォーラムではカブの「相棒感」の話が出ていたが、一緒に走った後にどこか機械としてではなく、動物のようないとおしさを感じる、「お前もよく頑張ったなぁ。。」と声をかけてやりたくなるようなキャラクターを有した、数少ない「乗り物」であるし、それを「連れた」参加者の方々の気持ちがとてもよく伝わってくる温かみのあるイベントだと思った。

161024011.jpg

そしてその事は参加賞の中にも形となって現れている。
最初のエントリーステージで「チェキ」で撮影された自分の写真が、世界中のカブに乗った人たちの写真の輪の中の1枚に加わるというもので、まさに「スーパーカブ」のコンセプトにふさわしい、シンプルでありながら温かみを感じる「贈りもの」であった。

161024012.jpg

そんなオーナーにホンダという会社そのものが寄り添うというスタンスが、ホンダ車のファンをしっかりと捕まえているのではないかと思えるし、「仕事目線」からもこのイベントは大変勉強になるものであった。

161024015.jpg

ちなみに、来年、この小さなバイクは累計生産台数が1億台を越す予定だとか。。!

自分もそのオーナーの一人でいられることを、改めてカブと共に祝いたいと、思う。
スポンサーサイト
コメント

eBiZo0309様、こんにちは。
カフェカブ行かれたんですね~。
私は仕事のため、初カフェカブ(九州)とはならずでした。(泣)
画像のカブを見るだけで色々インスピレーションが生まれてきて、
楽しい気分になります。
来年はカフェカブに参加したいものですね。
あと、ついでといってはなんですが、相互リンクしていただけたら、有難いです。
よろしくお願いします。

引きこもりライダー #- | URL
2016/10/25 18:35 | edit

こんにちは。

引きこもりライダーさま、コメントありがとうございます。
そうなんです。初めてのことで、きっと難しそうな人たちが沢山いるんだろうなぁ。。と、ちょっと構え気味で行きましたが全然そのようなことはなく、皆さんとてもフレンドリーで温かいイベントでした(笑)
おっしゃるように、本当に沢山のヒントが得られるので、何か構想をお持ちであればきっといい答えが見つかるのではないでしょうか。
クロスカブは本当に沢山参加していましたよ。
九州、京都にも機会があったら行ってみたいですね。。

引きこもりライダーさんの記事もいつも愉しく拝見しています。
これも何かのご縁、今後ともよろしくお願いします。

ところで、相互リンクって、どうすればいいのでしょうか。
実はこちらのブログは最近始めたものなのでさっぱり分かりません(笑)

ちゃんとできるかどうか分かりませんが、あとでやってみますので、
やり方が違っていたら教えてください。
これからもよろしくお願いします。

eBiZo0309 #aqXsb76w | URL
2016/10/25 19:40 | edit

こんばんは、№8車両オーナーであります。
 綺麗な撮影ありがとうございます。
参考まで素人レベルですが、いじっております
http://blogs.yahoo.co.jp/h7taityou3

隊長 #Jls67mN6 | URL
2016/10/28 17:50 | edit

Re: タイトルなし

隊長さま
こんばんは。
コメントありがとうございます。
確かご夫妻で受賞しておられましたね。
おめでとうございます。
実は私もNo.8に投票したんですよ〜♪
どこにも無理がなく、自然な仕上がりに目を奪われました。
7番も素晴らしい出来で最後まで悩んだんですがね(笑)
あれだけ近いコンセプトで別物を仕上げられるとは。。大したものです。
ブログを拝見して、納得。あれだけ目に見えない部分にまで拘っておられたとは。
脱帽です。

また時々ブログにもおじゃまさせていただきますね。
ありがとうございます。

eBiZo0309 #- | URL
2016/10/28 19:50 | edit

コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。