FC2ブログ

えびぞうこころおぼえ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブプロのこと ①  

JA-07 カブプロ
070101.jpg
5月半ばにヤフオクを介して私の元に来たJA07カブプロ

安さに惹かれ、ろくに確かめもせずに勢いで落札するとイタイ目に遭うという見本のようなバイクだ。
オークションの性質上、返品することもままならず、 仕方なく手を入れてみることにした。

ジャンク

16071701.jpg
恐らく郵政上がりと思われる車両。

フロントの郵政キャリアベース。フォークブーツはオバケ提灯の様に口を開けている。

16071702.jpg
雑にペイントされた青いカバーの裏側は赤い素材色がそのまま残る。

インジェクションのこと

16071703.jpg
「走る止まるは問題ない」との説明通り、エンジンは事も無げに始動し、アクセルを開ければ前には動くしブレーキをかければ一応は停まる。

そこまではウソはないが一度上がった回転がなかなか落ちてくれず、当然クラッチも切れない。
ギアをローに入れると凄いショックで飛び出し、そのままの勢いで突っ走る。
仕方なく信号の手前でスイッチをオフにして停まる。信号が青になり、セルを回せばアイドリングは元に戻る。というもので、本来調整不可のハズのインジェクションのアイドリングスクリューはどれほど回されたかわからない。聞くところによれば45度以上回すと壊れるのだとか。
とりあえずガソリン、オイル、プラグ、エアクリーナーと、基本的な部分から手をつける。

16071704.jpg

16071705.jpg
プラグは何年も挿しっぱなしで酷使されたせいか電極も薄くなっていたのでイリジウムの6番に入替え、エアクリーナーエレメントを新品のものに替えてみる。OILはそれほど汚れていなかったが、念のためにHONDA G-1 に交換。

エンジンからは特に大きな異音もなく回り方にも抵抗はなさそうなので、とりあえず高くなってしまっているアイドリングを落ち着かせようとスクリューを微妙に調整してみるが、どうにも埒があかず、仕方なく近くのバイクショップに事情を話して調整を依頼。
結局ショップでも何日か調整をしてみてくれたものの、一向に症状は改善されないとのこと。
仕方なくインジェクション本体を新品に交換することにした。

16071706.jpg
結果、アイドリングも落ち着き、大きく開けた後も何とか元にもどるようにはなった。

しかし今度は始動後アイドリングに十分時間をかけないと停まるたびにエンストしてしまう。
アイドリングに5分もかけていたのではカブの仕事にならないので、ドリーム店でMCSテスターにかけてもらうと油温センサーに異常がありそうだということになり、これも交換。

16071707.jpg
多少圧縮も落ちていて決して好調とはいえないが、通常走行に差し支えないレベルには落ち着いた。

そのうち本体のOHが必要にはなるだろうが。。
というわけで、カブプロが手元に来てからすでに2ヶ月近く経過してしまったが、とりあえずの使用には耐えるだろう。。と。
結果的に出費も嵩んでしまったが、このバイクが私の手元に来たのも何かの縁。
普通なら廃車にするようなバイクかもしれないが(笑)しばらくの間、付き合ってみようかと思う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。